ホーム

株式会社メディカルサロンの事業案内


 メディカルサロンは、「全国民の健康、人体、医療に関する知識の向上」を目的として、
次の5つの事業に取り組んでいます。

代表取締役 風本真吾の紹介


 医師。社団法人日本健康教育振興協会講師。慶應義塾大学医学部卒業。
平成4年に四谷メディカルサロンを開設、プライベートドクターシステムを運営する。そこから派生して、ダイエット医療、プラセンタ・成長ホルモン医療などのエイジングリカバリー医療、予想医学関連の健康管理指導、子供の背を伸ばす医療などの診療体系を築いた。
「全国民の健康、医療、人体に関する知識の向上」を生涯テーマとして、執筆による啓蒙活動にも力を注いでいる。

もっと詳しく[風本真吾総合案内]

1.診療を通じて健康教育を推進する

創業の経緯は、医師である風本真吾氏が、平成4年に大学病院で内科外来を担当していたことにさかのぼります。その時に、現医療における予防医学の未熟さと患者の知識不足を指摘し、その解決を目的として、プライベートドクターシステムを 創設し、その会員との対話を生み重ね、健康管理の学問化と実践指導を行ったことからスタートします。
対話を積み重ねる中で、健康教育をすすめ、その中か ら、体重管理指導、アンチエイジング医療、成長ホルモン医療、遺伝子医療、予想医学、子供の背を伸ばす医療などの「病気でない人に対する新しい診療体系」 を生み出しました。
それらの新しい医療体系を運営するノウハウ、管理するノウハウ、来院者を集めるノウハウを会社資産として有しています。導入を希望 するクリニックがあるごとに、導入の可否を検討しています。

2.セミナー、講演、書籍、執筆活動を通じて健康教育を推進する

平成4年の創業後、大成功をおさめたのは、風本真吾氏のたぐいまれな、セミナーの講師としての能力です。創業期には、次から次への講師依頼が殺到し、やがて、テレビ出演、ベストセラー執筆へと繋がりました。会報誌である月刊メディカルサロン、各種書籍、関連ホームページを当社は、独自に制作しています。

3.サロン拠点を通じて健康教育を推進する

「顧客と長く接して、技術を提供するサロン店舗」が日本中にたくさんあります。エステティックサロン、整体院、美容院などです。その店舗に従事す るスタッフ が、健康、医療、人体に関して、しっかりとした知識を身につけ、顧客へと浸透させると、大きな社会価値が生まれます。
当社の独自ブランドのサプリメントを扱っている店舗に対して、その店舗が顧客に対して健康教育を実施できる店舗へとランクアップできるようにアドバイスしていくことを事業としています。また、その取引先店舗の顧客の健康、医療に関する相談に応じるシステムを構築しています。この分野の取引先店舗は、400店舗を超えています。

4.資格制度を通じて健康教育を推進する

人は生涯にわたって必要なことに対しては、成人するまでに学んでいるものです。読み書き、計算、歴史、地理、道徳などです。し かし、生涯にわたって絶対に必要なのに、ほとんど学んでいないものがあります。それが、人体、健康、医療に関してです。学んでい ないために、スポンサーらの影響を受けたテレビ番組の情報に右往左往しています。また、末期医療、介護、医療費増大の問題が混迷するのも、この分野に関す る 全国民的な知識が乏しいからです。

そんな背景を鑑み、当社は(社)日本健康教育振興協会に多大な資金を提供し、一方でその事務局の運営を受託し、6つの資格制度予想医学検定3級2級1級身長発育指導士素肌管理指導士体重管理指導士)の実施を通じて、健康教育活動を推進しています。

5.栄養素を通じて健康教育を推進する

「メ ディカルサロン」ブランドのサプリメントは、健康管理指導の現場で必要性があった場合に研究開発されます。「売れているから同じようなものを作ろう」とい う一般的な健康食品会社とは一線を画しています。だから、メディカルサロンの商品は常に時代の最先端にいます。そして、流行的なものではありません。ロン グセラーになっています。
そのメディカルサロンブランドは、一般流通させず、当方の直系クリニック、取引先のサロン、当方の直接通販のみで販売されています。なお、現在、一般向けのサプリメントとして、「第4栄養素」ブランドを開発中です。